動画制作コラム

2016.05.31映像・動画制作の知識とメイキング

出演者を盛り上げる方法

拍手盛り上げ

今回は撮影時に出演者を盛り上げる制作テクニックのお話。

テレビや映像を全く経験したことのない、俗に言う素人さんとのお付き合いの話をしようと思います。

 

 

テレビ制作現場のディレクター経験談

テレビ制作現場に立ち会ったディレクターの経験談です。

映像制作において、撮影時に出演者がある場合でかつ、タレントと呼ばれる職業の人を使わない場合は、素人さんが被写体となるパターンがほとんどだと思います。

そのなかでも、たまに「何度かテレビに映ったことがある」という人もいますが、常にカメラに映ることが仕事のタレントとは違いますし、少々の経験があったとしてもあくまでも素人さんと考える方がいいです。

 

 

ディレクターの心構え

これは映す側の「心構えの問題」です。

タレントでないなら出演者は素人さんだと思え!これが前提です。

 

良い作品を作りたい、自身のイメージに最大限近づけたい、etc…。

そのような情熱が作品にあるのなら、他人の技量を過剰に期待することはせず、いかなる事態に陥ってもよりイメージに近い形にできるよう準備しておく心構えが大切なのです。

特に、今回のコラムのように、その要素が出演者になる場合は作品の「顔」、もしくは「要」になるので、出演者の立ち振る舞いにしろ、しゃべりにしろ、下手な出来にはできません。

その点で言えば、まず大切なことは出演者を最大限気遣ってあげることですね。

(これは出演者が素人でもタレントでも大切なことです。)

 

想像してみてください。

あなたがいきなりテレビや映像作品に出演しろ! と言われた時を。

間違いなく緊張するでしょう? 人は緊張で力を発揮できなくなることが多々ありますよね。ですので、緊張をほぐしてあげましょう。

 

出番までにたくさん会話をして、参加してる現場を楽しいものだと思わせてあげる事や、ゆっくりしゃべれば取り急ぎは全然大丈夫です! などの安心できる言葉をかけてあげる、など

とにかく相手を気遣ってあげることです。

 

また、この行動は出演者の為にもなるんですね。

それまで全然喋ってないところにいきなり声張ってしゃべれ、という要求をされたらキツくないですか?

出演者とコミュニケーションを取ることで出演者のための準備の役割を果たすことができます。

 

現場の雰囲気作りは当たり前

素人さんの出演者が最高のパフォーマンスを発揮するため、快適な現場にすることも大切です。

収録の日が肌寒い日で野外の撮影なら? カイロや温かい飲み物を用意してあげる。逆に太陽がカンカン照りの暑い日は? 出番までは日陰で涼める場所を見つけて提供する。冷たい飲み物を用意しておく。

などなど、出演者をケアする事が、我々も含め総体的なパフォーマンス向上に間違いなく繋がります。

その他、技術的な話で言うなら、出演者にセリフなどがある場合は出演者の読みやすい形でカンペを事前に用意しておく事や、なるべく本番に近いリハーサルを行って出演者に状況の予測をしやすくする。などたくさん工夫することができます。

 

リハーサルについて

素人さんを出演者として行う撮影の「リハーサル」についてです。

リハーサルは「本番と同様の流れで通し練習をして、収録進行を確認する」という行為をいいますが、これが素人さんの出演者にとってマイナスになる場合があるんです。

リハーサルと本番でスイッチを切り替えられる場慣れしたタレントなら影響はないのですが、素人さんの場合は、リハーサルを繰り返し経験させてしまうと、本番の空気に慣れてしまい、緊張感が欠如してしまう、要はダレてしまうんですね。

そうなるとやはり本番時のリアルさというか、勢いがなくなって最終的に映像に迫力がなくなってしまうのです。

 

実際の経験ですが、とある企業PVのインタビューパートの撮影で欲しいコメントがスムーズに出ないために何度もテイクを繰り返してしまったことにより、現場の空気がダレてしまった。。。。

映像としてまとまった綺麗さはあっても本場のリアルさ、生の声としてのメッセージ性がなくなってしまった。。

このような事がありました。

 

リハーサルは出演者のメンタルや収録をスムーズに行うためにも必要なことです。

ですが、限度がありますので収録現場の緊張感を保つ程度にしておくのが良いでしょう。

 

素人さん出演の作品に関しては「一発勝負」で行うことをお勧めします!

  • この記事を友達にシェアしよう
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE it!
  • Google Plus
  • Hatena
History
  • 2016.05.31

    出演者を盛り上げる方法

CATEGORIES

選択してください

LATEST ARTICLES

  • 2019.02.27映像ってざっくりいくらなん?
  • 2019.01.15RATEL メイキング_スタジオ編
  • 2018.12.11街の制作会社が選ぶ!!おすすめカメラ。
  • 2018.12.11初めての自分用3軸ジンバル
  • 2018.10.09「73%」販促動画から商品購入に至る割合

RANKING

  • 1
    2017.01.12テレビCMの料金や媒体費用は一⋯
  • 2
    2017.03.05違いは?動画ファイル形式の基礎⋯
  • 3
    2016.09.28シネマレンズ導入しました。SL⋯
  • 4
    2016.06.13一眼レフでテレビ番組の撮影 |⋯
  • 5
    2016.06.04テレビCM制作奮闘記-物撮りチ⋯

ARCHIVE

CONTACT US

動画のことなら何でもお気軽にお問い合わせください!
わかりやすく安心かつ高品質な動画制作をお約束いたします。

0120-333-405月〜金 10:00-18:00(土日祝 休)

Webからの
お問い合わせ

クレジットカードでの分割払い対応 映像制作料金150万円まで、最大10回払いまで分割対応

PAGE TOP

株式会社Sand Sun Creative
〒550-0014 大阪市西区北堀江3-4-1 3F

0120-333-405
月〜金 10:00-18:00(土日祝 休)

Webからのお問い合わせ

Copyright © 2016 動画制作・映像制作なら
大阪の株式会社サンドサンクリエイティブ